「ほっ」と。キャンペーン

安い楽しい

eeaa.exblog.jp ブログトップ

今日も終わった

今日は台風の影響で予約のキャンセルもあり、アットホームなキフェスタでした。

ここで言ったかどうか忘れましたが、週末は浅草のブラジル料理屋でバイトしています。
ゆるゆるで楽しいお店です。

f0238822_23493493.jpg

キボンのみんなの想い出コーナー。
みんな遊び来て!!
[PR]
# by 87714 | 2012-09-30 23:45 | 日常

約束だから


Facebookで毎日更新すると約束したので早速。
いつまで続くかな?


エキサイトのアプリから更新しようとしたらサーバーが応答しなくて投稿出来ない上に、最新の記事が消えちゃいました。
最新の記事は仕事がポシャったのかどうか?という内容でしたが、
その後無事に生きていたことが判明。

やー良かった…

けっこう大きな仕事なんですが、諸事情で指示が変更されまくったり待機の時間が多かったりで物凄く時間がかかっています。
早く発表したい…というか無事に終わって欲しい。


そして年明けに展示をやる予定です。
詳細決まり次第、色んなところに載せます。


とりあえずその後の話でした。

明日よりゆるゆる更新して参りまする!
[PR]
# by 87714 | 2012-09-30 02:39 | 日常

手ぬぐい大好き


f0238822_13175166.jpg


手拭いを初めて使ったのは、剣道を始めた小学校1年生の頃。
面(頭に被る防具)を装着する前に頭に手拭いを巻くんだけど、
一緒に始めた従兄とお揃いで買ったうさぎ柄。
二人とも干支が卯だから。


今では数え切れないほど持ってます。
2年前くらいに数えたら200枚以上あったから、今は300いったかも。


上の写真は夏柄の一部。
やっぱ夏柄なんだよね~手ぬぐいは夏なんだよね。
雪とかクリスマスとかおせちとかの冬柄もあるけど、冬に手ぬぐいって寒々しい。
すいか、花火、ヨーヨー、朝顔、へちま、金魚・・・
このへんの柄が、洗濯されてベランダに並んで干されてゆらゆらしてるともう夏!!!ってかんじ。


季節とかその日のイベントによってがらも使い分ける。
たとえば、

・今日は鎌倉で寺めぐり→蓮の柄

・花火大会→花火柄でも最高だけど、こんなんどうでしょう。

 
f0238822_13392825.jpg


  ビール、赤提灯、枝豆

・登山→モンベルの登山グッズ柄

 
f0238822_13411087.jpg


・海水浴→アロハ柄

・猛暑の日→冬物の雪の結晶柄で涼を得る

とかね。

今の季節だったら、桜が咲く前は桜柄。
開花したら団子柄とか、とっくり柄。
お花見気分で。

毎日選ぶの楽しいです。
ハンカチとしてだけでなく、お酒を包んであげたり(またかっこいい包み方があるんですよ)、色々使い方があります。

手ぬぐいはガシガシ使うと生地がふわっふわになってくる。
気に入ってた柄もうすーくなってくる。
それがまたいいんだけど、お気に入りはやっぱり出し惜しんじゃうんですなぁ。


お気に入りの手ぬぐい屋↓

・高虎(濱町)→ものすごい江戸っ子な棟梁がデザインから染めまでやってるお店。
          江戸時代からの洒落の利いたデザインがいっぱい。
          行くと「いちいち説明すんのも野暮なんだよな」と言いながら全部教えてくれます。 
          一枚絵の手ぬぐいはもはや芸術品。

・かまわぬ→今いちばん有名でしょうか。
        若者向けっぽさと渋さが絶妙なバランス。
        ここの夏柄は最高。種類も多いし、新柄もどんどん出る。

・拭(鎌倉)→いろんなメーカーの手ぬぐいを扱ってる、鎌倉のお店。
        おばあちゃんち(逗子)行くと絶対寄る。
        鎌倉ならではの柄とか、海の町らしくアロハ柄もある。

・ふじや(浅草)→江戸時代の愛用手ぬぐい披露会を当時の戯作者、山東京伝が記録した
           「たなくひあわせ」から柄を復刻させている。
           ここのはかっこいい。


ちなみに裏が真っ白なプリントや捺染の手ぬぐいは買わない。
両面染まってる注染が好き。
裏が見えたら野暮!ってんで、東京では注染が多いみたいです。


手ぬぐいネタは話が長くなるなぁ。
野暮なんでしょうね、こういうのも。


最後に、なかなかレアな柄を紹介。

COP10に参加したパメラちゃんからもらった手ぬぐい。
なんで参加したのかは不明。ポルトガル語の通訳かな?

f0238822_1455620.jpg


青海波(波がどこまでも続く、繁栄を意味する縁起柄)に、いろんな生き物のシルエット。

これぞ生物多様性!!
[PR]
# by 87714 | 2012-04-05 14:09 | 日常

アイスダンス

9年前にすうううっごいはまったアイスダンスの映像を発見。



Albena Denkova & Maxim Staviski


2003年の夜中にたまたま見て、なんだこりゃー!!!って見入った映像。
それまでアイスダンスなんて知らなかったけど、今はフィギュアの中で一番好き。

このブルガリアのペアはもう引退してしまったんだけど、毎回プログラムが個性的で今シーズンはどんなかなーってたのしみだったんだよなー。
ちなみにこのシーズンのテーマはエジプトで、女性が蛇、男性が蠍なんだと。





このペアも面白かった。
フリーダ。
[PR]
# by 87714 | 2012-03-30 23:45 | 日常

2回目富士山アタック

9月、またもや富士山登ってきました。

今回は母親、母親の仕事仲間、私のメンバーで。
母親は直前に高尾山登って、仕事仲間は登山経験皆無。
不安。

本人たちも不安だったのか、一日目はなぜか5合目に一泊しました。
5合目に泊まるなんて聞いたことない。


f0238822_1258491.jpg


翌日朝アタック開始。
5合目でもこんなに綺麗。雲海。


実は富士宮に住む知り合いの陸上自衛隊員がついてきてくれました。
富士山を走って登り降りできるらしい人。
仕事仲間が遅れ出したので、私にマンマミーアを連れて行くように命じてそこでサヨナラしました。
結局その人は登頂できず8合目の山小屋で待機。
自衛隊員さんは1時間で麓まで下って帰っていきました。早!!


私はどこまで半そでで行けるか?という挑戦を勝手にしていました。
7合目で知らない人が「あの人まだ半そでだよ」とヒソヒソ言ってるのが聞こえたのでやめました。



f0238822_1327508.jpg


8合目から雨が降り始めて、山頂はガスと暴風雨でこんなん。
母親はテンションが激下がりで、「もうすぐ山頂だよ!ガンバレー!」とか私が元気に声をかけても返事もしてくれませんでした。



とか言ってたら急に雲が切れて晴れた!!

f0238822_1313223.jpg


凄いっしょ。



その後下山して、8合目の山小屋に泊まって温泉入って帰りました。

f0238822_13193133.jpg


影富士。


f0238822_1320237.jpg


ご来光


f0238822_13203893.jpg


照らされる富士山


f0238822_13212921.jpg


こんなところにチベットの旗なんかあったら興奮してしまうじゃないか。



2回目だからか、前回よりずっと余裕でした。
来年も行きます。


おわり。
[PR]
# by 87714 | 2012-01-22 13:25 | 日常
line

安楽の日常と作品とあと何でも。


by 87714
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite